一宮で新築一戸建てを建てる意義

一宮は美濃尾張の一角を占める地域です。交通の便が良く、居住環境が整っている一宮は、これから子供を育てる若い方や、老後を楽しみたい年配の方にとって、とても住みやすい場所です。新築一戸建ては、自由にできる庭があり、自然と親しみながら、ゆったりと過ごせる点で他の住まい方より優れています。一宮で新築一戸建てを建てる場合は、気をつけなければならない事があります。一宮を含む濃尾平野は、過去に巨大な地震を経験しています。1891年に発生した濃尾地震は、日本で観測された最大級の地震の一つです。一宮で新築一戸建てを建てる場合は、地震に丈夫な構造とすることが大切です。地震に丈夫な構造は、業者任せにしては得られません。耐震性に対する知識と関心を持ち、丈夫な住宅を造ろうとする建築主の意思が求められます。

安全な住宅の前提となる地盤の強度

安全な住宅は建物だけで得られるものではありません。良い地盤の敷地を選ぶことは、建物の構造を選ぶこと以上に大切です。良い地盤を選ぶには、地層の特性を知ることです。地層には沖積層と洪積層があり、洪積層のほうが丈夫です。これから敷地を選ぶことができる場合は、洪積層の土地を探すのが安全な住宅を建てるためのポイントとなります。すでに、敷地が決まっていて、その場所が沖積層や軟弱な地盤の場合は、地盤改良が必要となります。幸い、木造住宅の重さは鉄筋コンクリート造などと比べて軽く、地盤改良等により、安全な住宅を建てることが可能です。地盤改良は地盤の強度や特性を元に工法が選ばれます。場合によっては木造住宅でも杭基礎が必要となる場合があります。家族の命と安全のためであれば、地盤改良や杭基礎を優先的に採用することが望まれます。

地震に丈夫な構造を持つ注文住宅

軟弱な地盤の多い一宮で新築一戸建てを建てる場合は、他の地域以上に、構造に気をつける必要があります。木造住宅は、建築基準法により最低限の構造基準が定められています。しかし、一宮に建てる新築一戸建てはそれでは不十分です。一宮で新築一戸建てを建てる場合は、住宅性能表示制度の耐震等級3の住宅が安全のために必要です。耐震等級3は、建築基準法で想定される地震の1.5倍の強さの地震がきても、耐えることができる構造です。さらに、一宮で新築一戸建てを建てる場合は、他の要素にも気をつける必要があります。2階床の剛性を高めることは地震に対して効果的です。太い柱を使うことは、耐震性を高めます。2階の壁の位置と1階の壁の位置で決まる直下率は、地震被害を決定付けることが熊本地震の調査研究により明らかになっています。