一宮の新築一戸建てを建てる時に知っておきたいこと

住宅は様々な役割を持って建てられますが、中でも、安全性は特に大切な役割です。一宮で新築一戸建てを建てる場合は、安全性を第一に考えた住まい造りをしたいものです。家族の人命と財産を脅かすものに、地震と洪水があります。これから土地を求める場合は、洪水に遭いにくい場所を選ぶべきです。洪水に遭いやすい場所の地盤は弱いことが多く、地震に対しても不利に働きます。すでに土地を取得している場合は、安全な建物を建てることで、災害を防ぐ必要があります。建築基準法の最低限の基準を守っただけでは、地震に対して安心できないことが、近年の地震被害からはっきりしてきました。どうしたら、地震に対して安心できる住宅をつくることができるかは、業者任せにしておくわけにはいかない事柄です。

土地選びのポイントとなる洪水と無縁な土地

一宮で新築一戸建てを建てる場合は、洪水に遭う恐れのない地域に建てることが大切です。有数の一級河川と接する一宮市では、洪水に遭う恐れのない地域は多くはありません。その中で、安全な地域に住むことは、家族や子孫に対しての何よりの財産となります。すでに、洪水が予想される地域に土地を所有している場合は、建築の構造を選ぶことが必要です。夏は暑く湿気が多い日本列島では、木造住宅が住みやすいとされてきました。開放的で風通しが良い日本の木造住宅は、伝統文化の表れでもあります。しかし、自然条件の厳しい場所では木造が良いとはいえません。洪水が予想される地域に新築一戸建てを建てる場合は、鉄筋コンクリート造とすることで、家族の安全を守ることができます。鉄筋コンクリート造の住宅は頑丈です。2階建てにし、屋上への避難を可能にすれば、いざと言う時に頼りになります。

地震に安全な住宅は木造でも可能

洪水の心配のない地域では、木造住宅の住み安さを実現できます。地震に対して安全な建物とするには、建築基準法を守っただけでは不十分です。さらに丈夫な住宅とするには、住宅性能表示制度の耐震等級3の性能が必要です。さらに、長期優良住宅とすることでも、必要な耐震性を得ることができます。熊本地震での被害の教訓として、直下率の重要性が指摘されています。2階に壁がある場合は、1階の同じ場所にも壁が必要であることは、建築関係者では常識的なことでしたが、守られていな住宅もあります。新たな教訓を取り入れた住宅を建てるためには、設計事務所へ設計を依頼することが勧められます。設計事務所は最新の動向を研究し、設計に反映しています。施工は地元の工務店へ依頼することで、十分な強さの住宅を建てることができます。