一宮の新築一戸建てを建てる時の注意点

一宮市で新築住宅を建てる時に気をつけた方がいいことや知って置いたことがいいこととはどのような事でしょうか。一宮市愛知県にある内陸の市町村の一つになります。名古屋市の北側に位置している一宮市は名古屋への通勤圏内にあるベッドタウンとしての役割があります。市内は自然が多く残されており、すぐ西側には雄大な木曽川が流れているのが特徴です。水資源がある一宮市は昔から田畑で農業が盛んに行われてきた事が分かります。そんな一宮市に新築一戸建て住宅を購入する時に知っておきたいことはなんでしょうか。その一つが相場になります。新築一戸建て住宅と言ってもピンからきりまでありますが、一般的な120平方メートルの土地に90平方メートルの建物が建っているぐらいであれば、2500万円が相場になります。

建売住宅の場合を考えるとその相場はどうか

建売住宅の新築一戸建てを購入する場合には、2500万円から3000万円もあればそれなりに満足した住宅を購入することができるのではないでしょうか。ただ、これは、平均的な値段ですので、駅前と駅から徒歩20分程度の所ではまるで条件が異なります。駅から徒歩20分ぐらいのところであれば2500万円よりも安い住宅がたくさんあります。ところが、駅のそばになると4000万円台の住宅が増えて行きます。特に、一番大きな駅である尾張一宮駅のそばは4000万円で購入しても大した大きさの住宅を買うことが出来ないこともあります。車は1台ぐらいおけるかもしれませんが、庭付き一戸建て住宅は余り考えることができません。それこそ本格的に庭付き一戸建を購入するなら、注文住宅が良いでしょう。

注文住宅の新築一戸建てを建てる場合に知っておきたいこと

注文住宅を建てる場合には、土地を購入してそこに住宅を建てるわけですので、お金に糸目を付けなければどれだけ広い土地を買って住宅を建てても自由なわけです。ただ、常識的に考えて、駅前の場合はそもそも豪邸と言えるほどの土地が用意されている訳ではありません。そこで、事前に調査して、できるだけ広い土地を狙うのがいいでしょう。この場合には、不動産会社を渡り歩くか、定期的に情報を見るしかありません。普通の土地で家を建てるなら、駅前の場合は100平米の土地に建物を建てると5000万円以上かかります。ですが、駅から徒歩20分かそれ以上の所になるとやはり3000万円台で土地と建物を購入することは決して夢ではありません。駅前にこだわらなければ3000万円台で庭付き一戸建ての注文住宅も手に入るのが一宮市です。